よくある質問

Q. 離婚について夫と話し合いたいのですが、話し合いがスムーズにできません。どうすればいいですか?

A. まずはカウンセリングにお越しください。離婚について、どのように話せば良いかについてアドバイスさせていただきます。当事者間での話し合いが無理な場合には、家庭裁判所に調停を申し立てる方法もあります。


Q. 離婚の相談に行きたいのですが、小さい子どもがいて出られません。

A. 小さいお子さんがいて出かけられない場合には、こちらからご自宅まで伺うことも可能です。大阪市内、阪神間でしたら、交通費のみご負担いただければお伺いしますのでご相談ください。


Q. 夫に離婚を要求されましたが、私は離婚したくありません。相談にのっていただけますか?

A. 当オフィスでは、離婚のお手伝いだけでなく、夫婦問題カウンセリングとして夫婦関係修復のお手伝いもしています。
(→夫婦問題カウンセリングYurako Office
修復希望の方もぜひご相談ください。


Q. 今すぐ離婚するつもりはないのですが、将来離婚になったときに備えて、離婚条件を書面にしてもらえますか?

A. 離婚協議書は基本的には離婚を前提に作成するものですので、離婚するかどうかわからない段階で作っても、効力を否定されてしまうことになります。もちろんその辺をご自身が納得した上で書面を作成するのであれば、お手伝いは可能です。また、書面作成にこだわらなくても、夫婦間の問題を解決する方法はありますので、そういった方法をご一緒に考えさせていただくこともできます。


Q. 離婚することが決まりましたが、夫が養育費をきちんと払うとは思えません。夫の親に保証人になってもらうことはできますか?

A. ご主人の親御さん自身が納得されているのであれば、保証人になってもらうことはできます。なお、この場合、公正証書を作成するのであれば、保証人も一緒に公証役場に出頭する必要があります。


Q. 離婚後は、私が子どもを引き取ってシングルマザーになる予定ですが、本当にやっていけるのかどうか心配です。

A. シングルマザーになる方は、自分の収入や相手からもらう養育費のほか、どういった支援制度があるのかを考慮して生活設計をする必要があります。準備が不十分であれば、離婚後「こんなはずじゃなかった」と思うこともあるはずです。当オフィスでは、離婚後の生活設計についてご一緒に考えさせていただきます。私自身、シングルマザーですので、ご依頼者様の悩みもよくわかります。ぜひご相談ください。


Q. 夫と離婚について話し合いをしています。条件面でなかなか折り合いがつきませんが、弁護士を立てるようなお金はありません。離婚するにはどうすればいいですか?

A. どうしても離婚したいなら、調停の申し立てを検討してみましょう。調停は弁護士を立てなくても自分でできますし、費用も数千円程度しかかかりません。


★お電話によるお問い合わせ・相談申込(月~日:10時~18時)★
tel

線

▲ページトップに戻る